鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 感染症 > エイズ(後天性免疫不全症候群)
  • エイズ(後天性免疫不全症候群)

    エイズ(後天性免疫不全症候群)について。

    概念:CD4陽性Tリンパ球が破壊され、免疫機構が低下する。

    原因:HIV(レトロウィルス)の感染。性行為、血液製剤、母子感染など。

    症状:発熱、下痢、悪性腫瘍(カポジ肉腫、悪性リンパ腫など)、日和見感染(カリニ感染、カンジダ症、サイトメガロウィルス肺炎)など。

    備考:潜伏期間は数年~十数年、発症後の予後は不良。

  • カテゴリー: 感染症 | Tags: