鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 神経疾患 > アルツハイマー病
  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病について。

    原因:原因不明。びまん性の脳萎縮、大脳皮質の老人班などを認める。

    症状:物忘れ、見当識障害、意欲衰退、失行・失認、ゲルストマン症候群、言語障害、筋硬直、小刻み歩行など、末期では高度荒廃状態となる。

    備考:65歳以降に発症したものはアルツハイマー型老年痴呆という。

  • カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,