鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 内分泌疾患 > 原発性アルドステロン症(コン症候群)
  • 原発性アルドステロン症(コン症候群)

    原発性アルドステロン症について。

    概念:副腎皮質の原発性病変によるアルドステロンの過剰分泌。

    症状:高血圧、多尿、低カリウム血症(筋力低下、四肢麻痺、易疲労)、耐糖能異常、低Mg血症によるテタニーなど

    備考:検査は血清Na高値、K低値など。

    [原発性アルドステロン症] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 内分泌疾患 | Tags: ,