鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 内分泌疾患 > バセドウ病(グレーブス病)
  • バセドウ病(グレーブス病)

    バセドウ病(グレーブス病)について。
     
    概念:甲状腺機能亢進症。思春期~更年期の女性に多い。

    原因:自己免疫疾患と考えられている。

    症状:メルセブルグの3徴候(→びまん性甲状腺腫、眼球突出、頻脈)、体重減少、発汗過多、食欲亢進、振戦などの代謝亢進症状

    備考:検査は、T3,T4高値、TSH低下、総コレステロール低値など。合併は周期性四肢麻痺、重症筋無力症など。

    [バセドウ病] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 内分泌疾患 | Tags: , ,