鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 内分泌疾患 > クッシング症候群
  • クッシング症候群

    クッシング症候群について。

    概念:副腎皮質機能亢進症。糖質コルチコイド(コルチゾール)の過剰分泌。

    原因:下垂体腫瘍(クッシング病)、副腎皮質の過形成、副腎腫瘍など。

    症状:中心性肥満、満月様顔貌、水牛様脂肪沈着、多毛、赤色皮膚線状、高血圧、骨粗しょう症、糖尿病、精神症状など。

    備考:検査は、血中ACTH、コルチゾール測定。

  • カテゴリー: 内分泌疾患 | Tags: