鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 消化管疾患 > ダンピング症候群
  • ダンピング症候群

    ダンピング症候群について。

    概念:胃切除後(胃腸吻合手術後)に、摂取した食物が空腸内に落下して生じる血管運動障害、胃腸症状。

    症状:食後の悪心、冷汗、動悸、めまい、脱力感、腹痛、下痢など

    備考:後期ダンピング症候群では食中・食後に低血糖症状を呈する。

    [ダンピング症候群] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 消化管疾患 | Tags: