鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 神経疾患 > ギランバレー症候群
  • ギランバレー症候群

    ギランバレー症候群について。

    原因:上気道、消化器系感染後に発症する運動優位の末梢神経障害。

    症状:四肢脱力(左右対称性)、歩行困難、深部反射減弱消失、外眼筋麻痺、両側性顔面神経麻痺、構音・嚥下・呼吸障害、感覚障害など

    備考:麻痺は上行性で、発症後は急性または亜急性に進行する。検査は脳脊髄液の蛋白細胞解離など。

    [ギランバレー症候群] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,