鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 消化管疾患 > 胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)
  • 胃・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)

    胃・十二指腸潰瘍について。

    原因:粘膜の自己消化(攻撃因子(塩酸など)が防御因子(粘液など)より強い)。ヘリコバクター・ピロリ菌の関与も注目されている。

    症状:胃潰瘍は食後、十二指腸潰瘍は空腹時の心窩部痛、腹部膨満感、悪心嘔吐、げっぷ、吐血、下血(黒色タール便など)

    備考:胃潰瘍は40歳代、十二指腸潰瘍は30歳代に多く見られる。X線検査でニッシェ像が見られる。

  • カテゴリー: 消化管疾患 | Tags: , ,