鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 整形外科疾患 > 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニア

    頚椎椎間板ヘルニアについて。

    概念:椎間板の退行性変性による線維論断裂部からの髄核脱出。

    症状:頚部の疼痛・運動制限、神経痕症状、脊髄症状など
    ※神経痕症状:障害神経領域の知覚障害、筋力低下、腱反射減弱消失など
    ※脊髄症状 :知覚障害、歩行障害、膀胱直腸障害など

    備考:検査は、スパーリングテスト、ジャクソンテスト、イートンテストなど。C5~6、C6~7の順で好発する。

  • カテゴリー: 整形外科疾患 | Tags: , ,