鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 整形外科疾患 > くる病(骨軟化症)
  • くる病(骨軟化症)

    くる病(骨軟化症)について。

    概念:ビタミンD欠乏により骨の石灰化が障害され、類骨が増加する。

    症状:X脚・O脚、脊椎後側湾、大泉門閉鎖遅延、肋骨念珠、低身長、筋力低下、アヒル様歩行、ハリソン溝、腰背部痛、下肢痛など

    備考:くる病は骨端線閉鎖前のものをいい、多くは2歳までに発症する。

    [くる病] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 整形外科疾患 | Tags: , ,