鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 感染症 > 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

    流行性耳下腺炎について。

    概念:ムンプスウイルスが原因で耳下腺が腫脹する疾患。俗にいうおたふくかぜ。

    原因:飛沫感染で気道から侵入したウイルスが粘膜下組織で増殖し発病。

    症状:2~3週間の潜伏後、発熱、耳下腺の腫脹。合併症に髄膜炎、睾丸炎などがある。

    備考:予後は良好。睾丸炎を合併したときは男性不妊の原因になりうる。

  • カテゴリー: 感染症 | Tags: