• 再生不良性貧血

    再生不良性貧血について。

    概念:多能性幹細胞の障害による骨髄の低形成(汎血球減少)。

    原因:先天性(ファンコニ貧血)、後天性(特発性、薬物、放射線など)

    症状:貧血の一般症状、易感染性、出血傾向など

    備考:検査は、骨髄低形成(脂肪髄)、血清鉄高値、フェリチン高値など。治療は、免疫抑制療法、骨髄移植など。

    [再生不良性貧血] ブログ村キーワード

  • カテゴリー: 血液・造血器疾患 | Tags: ,