• 細菌性赤痢

    細菌性赤痢について。

    概念:赤痢菌によって生じる急性大腸炎。

    原因:経口感染した赤痢菌が大腸粘膜に潰瘍を形成し、出血や粘液の過剰分泌を起こす。

    症状:潜伏期1~4日で発熱、腹痛、下痢(膿粘血便)、裏急後重(テネスムス)など。

    備考:予後は良好。

  • カテゴリー: 感染症 | Tags: ,

    細菌性赤痢の上へ