鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 神経疾患 > 筋委縮性側索硬化症
  • 筋委縮性側索硬化症

    筋委縮性側索硬化症について。

    概念:進行性に上位・下位運動ニューロンの変性脱落を生じる。

    症状:錘体路徴候、脊髄前角症状、球麻痺症状、進行すると呼吸筋麻痺
     ※錘体路徴候:筋力低下(痙性麻痺)、腱反射亢進、病的反射出現など
     ※脊髄前角症状:筋力低下(弛緩性麻痺)、筋委縮、筋線維束攣縮など
     ※球麻痺症状:構音・嚥下・舌の運動障害、舌の委縮など

    備考:知覚障害、眼球運動障害、膀胱直腸障害は通常みられない。40~60代に緩徐に発症し、2~3年で死亡する。

  • カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,