鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論 > 感染症 > 腸チフス・パラチフス
  • 腸チフス・パラチフス

    腸チフス・パラチフスについて。

    概念:腸チフスはチフス菌、パラチフスはパラチフスA菌による急性熱性疾患。

    原因:食物や水などから経口感染した細菌が小腸から侵入し、全身性の感染症状をきたす。

    症状:5~15日後の潜伏後、悪寒発熱、肝脾腫大、徐脈、バラ疹、無欲状顔貌が見られる。

    備考:死亡率は約1%

  • カテゴリー: 感染症 | Tags: ,