鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論
  • 臨床医学各論カテゴリ記事一覧

    骨結核(脊椎カリエス)

    脊椎カリエスについて。 概念:初期感染巣からの結核菌が骨に病巣を作ったもの。 症状:運動痛、運動制限、ポットの3徴候(亀背、冷腫瘍、脊髄麻痺)など。 [脊椎カリエス] ブログ村キーワード

    カテゴリー: 整形外科疾患 | Tags: , ,

    骨肉腫

    骨肉腫について。 概念:悪性骨原発性腫瘍の中で最も多く、10歳代後半に多い。 症状:初発は運動痛が多い。自発痛、腫脹、関節運動障害、跛行など。 備考:検査は、X線で骨膜反応、骨破壊像、骨硬化像、虫食い像、骨棘など。 AL>>続きを読む

    カテゴリー: 整形外科疾患 | Tags: , ,

    くる病(骨軟化症)

    くる病(骨軟化症)について。 概念:ビタミンD欠乏により骨の石灰化が障害され、類骨が増加する。 症状:X脚・O脚、脊椎後側湾、大泉門閉鎖遅延、肋骨念珠、低身長、筋力低下、アヒル様歩行、ハリソン溝、腰背部痛、下肢痛など 備>>続きを読む

    カテゴリー: 整形外科疾患 | Tags: , ,

  • 臨床医学各論の上へ