鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論
  • 臨床医学各論カテゴリ記事一覧

    梅毒

    梅毒について 原因:梅毒トレポネーマ(スピロヘータ)の感染。性行為、母子感染など。 症状: ・1期:初期硬結、無痛性横痃(所属リンパ節腫脹)、硬性下疳 ・2期:バラ疹、扁平コンジローム、脱毛、丘疹性梅毒疹など ・3期:結>>続きを読む

    カテゴリー: 感染症 | Tags:

    帯状疱疹

    帯状疱疹について。 概念:水痘感染後、神経節に潜伏した水痘・帯状ヘルペスウィルスが免疫能の低下により再活性化されて発症する。 症状:水痘は発熱、皮疹。小児に好発する。帯状疱疹は片側の神経走行に沿った水痘、神経痛様の疼痛。>>続きを読む

    カテゴリー: 感染症 | Tags:

    エイズ(後天性免疫不全症候群)

    エイズ(後天性免疫不全症候群)について。 概念:CD4陽性Tリンパ球が破壊され、免疫機構が低下する。 原因:HIV(レトロウィルス)の感染。性行為、血液製剤、母子感染など。 症状:発熱、下痢、悪性腫瘍(カポジ肉腫、悪性リ>>続きを読む

    カテゴリー: 感染症 | Tags:

  • 臨床医学各論の上へ