鍼灸 国家試験TOP > 臨床医学各論
  • 臨床医学各論カテゴリ記事一覧

    進行性核上性麻痺

    進行性核上性麻痺について。 概念:中年以降に発症する進行性神経変性疾患。 症状:眼球運動障害(下方注視麻痺)、歩行障害、痴呆、筋固縮、仮性球麻痺(構音・嚥下障害)など 備考:立ち直り反射の障害により、立位で後方へ転倒する>>続きを読む

    カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,

    脊髄空洞症

    脊髄空洞症について。 概念:脊髄中心部に空洞を生じる、慢性進行性の変性疾患。 症状:一側上肢の脱力・筋委縮、温度覚と痛覚の消失(感覚解離)など。 備考:頸髄に多い。 [脊髄空洞症] ブログ村キーワード

    カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,

    ウィルソン病(肝レンズ核変性症)

    ウィルソン病(肝レンズ核変性症)について。 原因:常染色体劣性遺伝。男性に多く、20歳ごろまでに発症する。 症状:肝硬変、羽ばたき振戦、構音障害、カイザーフライシャー角膜輪、ジストニー、アテトーゼ、精神症状など。 [ウィ>>続きを読む

    カテゴリー: 神経疾患 | Tags: , ,

  • 臨床医学各論の上へ